スゴイ! 三角定規つき 三角パズル ~手を動かして伸ばす算数脳・図形センス編 完全なブックPDF

スゴイ! 三角定規つき 三角パズル ~手を動かして伸ばす算数脳・図形センス編


スゴイ! 三角定規つき 三角パズル  ~手を動かして伸ばす算数脳・図形センス編 の本の表紙


4.5 5つ星のうち(16人の読者)

スゴイ! 三角定規つき 三角パズル ~手を動かして伸ばす算数脳・図形センス編 完全なブックPDF - 内容紹介 史上初! 三角定規に着目した低学年向け図形教材監修者の高濱正伸先生は、その著書『小3までに育てたい算数脳』のなかで、子どもたちが10歳までに身につけておきたい学習能力として「見える力」と「詰める力」を掲げています。本書はその「見える力」を育むための学習教材です。見える力とは、簡単に言うと「必要な補助線を引くことができる」「正確な図形を思い浮かべることができる」能力のこと。こうした力は、小さい頃の木登りや川遊びといった野外体験、積み木や折り紙といった知育的な遊びによって基礎が築かれると言います。そのポイントは、いずれも自分の身体や五感を駆使すること、考えながら最後までやり遂げるところにあります。三角定規シート付き! 小学校で、子どもたちは直角三角形と直角二等辺三角形の三角定規をひとつずつ手にしますね。でも、そのふたつだけでつくることができる図形には限りがあります。それでは充分に三角形の持つ特性を理解することができません。そこで、大きさのちがう三角定規を8個ずつ計16個、付録として用意しました。このオリジナル三角定規を使って、必死に手を動かし、「ああでもない、こうでもない」と知恵をしぼって、さまざまな図形をつくりあげます。そうすることで「見える力」の基礎をつくっちゃおう! というのがこの本の狙いです。低学年までに三角定規を徹底活用すれば、高学年になっても図形問題につまずくことはなくなる、と著者は言います。ぜひ、お子さんに三角定規の世界を楽しみながら体感させてあげてください。 出版社からのコメント 30・60・90度の直角三角形を組み合わせると正三角形になる。45・45・90度の直角二等辺三角形を組み合わせると正方形になる。たったこれだけのことでも、子どもにとっては大発見! でも、三角定規ひとつだけではそれを理解することが難しい……そんな思いからこの本を企画しました。子どもたちが親しみやすいように、30・60・90の三角定規を「さぶろうくん(3・6・9)」、45・45・90の三角定規を「しんごくん(4・5・9)」と名付けました。これで遊んだ子どもたちが、将来図形の問題を見たときに、「あっ、これは“さぶろうくん問題"だ! 」なんて気づいてくれるようになるといいなあ~と思っています。最後に、定規にはLIMEX(ライメックス)という石灰石から生まれた環境にやさしい日本製の素材を使いました。プラスチックによる海洋汚染が問題になっている今、子どもたちがそうしたことにも興味を持ってくれるきっかけになったらとてもうれしいです。なお、問題プリントはエッセンシャル出版社の公式サイトからダウンロード可能です。何度でもくり返し取り組むことができますのでご活用ください。エッセンシャル出版社→ https://www.essential-p.com/ 商品の説明をすべて表示する

スゴイ! 三角定規つき 三角パズル ~手を動かして伸ばす算数脳・図形センス編の詳細

本のタイトルスゴイ! 三角定規つき 三角パズル ~手を動かして伸ばす算数脳・図形センス編
作者梅﨑隆義
ISBN-104907838921
発売日2018/12/19
カテゴリ
ファイル名スゴイ-三角定規つき-三角パズル-手を動かして伸ばす算数脳-図形センス編.pdf
ファイルサイズ25.05 (現在のサーバー速度は21.06 Mbpsです

以下は、スゴイ! 三角定規つき 三角パズル ~手を動かして伸ばす算数脳・図形センス編に関する最も有用なレビューの一部です。 この本を購入する/読むことを決定する前にこれを検討することができます。
小さいうちは、とにかく実体験が大切という方針ですが、楽しみながら図形に親しめ「早く続きも買って!」とせがまれました。続編期待します。