レコード・コレクターズ 2014年 11月号 本 PDF Complet Free

レコード・コレクターズ 2014年 11月号


レコード・コレクターズ 2014年 11月号 の本の表紙


4.7 5つ星のうち(8人の読者)

レコード・コレクターズ 2014年 11月号 本 PDF Complet Free - 内容紹介 【特集】 日本の女性アイドル・ソング・ベスト100 1980-19899月号に続いて“女性アイドル・ソング・ベスト100"の80年代編をお送りします。80年代に入ると世代交替が起こり、70年代以上にたくさんの女性アイドルたちが登場。ロック~ニューミュージックの作曲家たちが曲を提供するようになり、打ち込みサウンドなど編曲面でも大きな変化が現われました。この時代に続々と送り出されたアイドル・ソングは、本誌読者の方々のお耳にも当然届いていたはずです。今回はシングル・リリースされ、なおかつトップ40位以内に入ったA面曲から30曲ずつ、25名の筆者の方々に選んでいただき、その結果を元にランキングを作成しました。■ 本誌執筆陣25人の投票によって選ばれた必聴のシングル100曲!(池上尚志、伊藤秀世、遠藤哲夫、大久達朗、小川真一、小山守、サエキけんぞう、崎山敏也、篠原章鈴木啓之、ヒロ宗和、高島幹雄、高橋修、武田昭彦、立川芳雄、中村彰秀、中村よお能地祐子萩原健太、原田和典、藤井陽一、馬飼野元宏安田謙一湯浅学、除川哲朗)■ ランキング圏外となるも見逃せない名曲/人気曲(高橋修)■ 船山基紀インタヴュー~誰も聴いたことがないような曲に仕上げる。そんな仕事への姿勢を筒美京平さんから学びましたね(鈴木啓之)■ 荻野目洋子インタヴュー~「ダンシング・ヒーロー」は価値ある一歩だったんだなって、今でも思います(小山守)■ 80年代アイドル歌謡に結実したニューミュージックという運動(栗原裕一郎)■ 80年代女性アイドルを支えた作詞/作曲/編曲家名鑑(馬飼野元宏)■ 番外編! 80年代女性アイドルの“裏名曲"44選(関根圭、DJフクタケ)■ 選定者アンケート:私にとっての日本の女性アイドル・ソング 1980-1989■ 80年代女性アイドル総得票数ランキング■ “第三の形態"として登場した8センチCDシングル(関根圭)【特集】 エマーソン・レイク&パーマー『恐怖の頭脳改革』ロック・ミュージックの主役がエレクトリック・ギターであった70年代前半に、ギターレスのキーボード・トリオで挑みながらも、その派手なパフォーマンスとダイナミックな鍵盤さばきで紛れもないロック・ヒーローとなったキース・エマーソン。彼が率いたエマーソン・レイク&パーマーは瞬く間に時代の寵児となり、自ら設立した新レーベル<マンティコア>の第1弾リリースとなった通算5作目の『恐怖の頭脳改革』は、彼らの最高傑作というだけでなく、70年代の英国ロックを代表する名盤として高く評価されています。間もなく国内盤が出る<40周年記念盤>の内容についても触れていきます。■ グラフィック・ステーション~『恐怖の頭脳改革』のオリジナル盤ほか■ ほぼ1年じっくりと制作に取り組み、妥協なく到達した終着点(坂本理)■ 『恐怖の頭脳改革』全曲ガイド(松井巧)■ 日本独自仕様の3枚組デラックス・エディション(石川真一)□ “吉田保リマスタリング"シリーズ日本を代表するエンジニアが自ら手がけたアナログ・マスターに近似した音が楽しめる13作品(武田昭彦)□ ジョージ・ハリスン林檎、まるかじり~貴重テイクも含むアップル期音源を集成した豪華8枚組にのぞき見る“諧謔世界"(速水丈)□ ジャクソン・ブラウン新作に歌い込まれた未来への想いと、終わらない青春を生きる“社会派音楽家"としての軌跡(宇田和弘)ほか この雑誌について 入門者からマニアまでレコード愛好者は必読

レコード・コレクターズ 2014年 11月号の詳細

本のタイトルレコード・コレクターズ 2014年 11月号
作者レコード・コレクターズ編集部
発売日2014/10/15
カテゴリ
ファイル名レコード-コレクターズ-2014年-11月号.pdf
ファイルサイズ23.16 (現在のサーバー速度は28.46 Mbpsです

以下は レコード・コレクターズ 2014年 11月号 の最も正直なレビューです。 この本を読んだり購入したりする場合は、これを検討してください。
お抱えライターさんの好みをしっかり把握してるなら、まさに予想通りのランキングwシングルA面に限定してるから、よりそれが顕著に。番外編の「裏名曲44選」が救いというかなんというか。80年代のアイドルってシングルA面だけでは語れないはずなのに語るからこんなありきたりなランキングに。あ、ありきたりなと言っても「ミュージックマガジン的なありきたりさ」です。ああライターの好みは変わらないのねー、とほくそ笑むのが正しい見方。多分、他の雑誌が選ぶと森高千里がこんなにランキングしないよな、普通に。とりわけ松田聖子なら「風立ちぬ」がトップにくる割に、「夏の扉」がランク外なところや、ライターの渡辺満里奈森高千里松本伊代贔屓や大瀧、竹内まりや過多なトコは80年代からのお約束ごとであります。昔からのマガジン歌謡曲レビューが好きなら是非オススメ!まあさすがにレビュー自体はしっかりしてるから他の類似品的なレビュー本よりはずっとマシではありますよ。船山先生インタビューとかランキング以外の読みものは面白いし、最近出た松田聖子SACDのレビューとかそういうコレクター要素の強いものを希望したいすね!追伸よいこの歌謡曲時代から必ずこういうツウのランキングで松本伊代の「TVの国からキラキラ」が選ばれるのが、不思議ー。この曲を選ばないと成立しないのか?wwwいわゆる世間のランキングとは絶妙にズレてるのは読者としては楽しみでもあります。あと一位は名曲だけど、一位は無いわー!二位も名曲だけど、二位は変だわー!