日英インテリジェンス戦史 チャーチルと太平洋戦争 (ハヤカワ文庫NF) によって 小谷 賢 Pdf無料ダウンロード

日英インテリジェンス戦史 チャーチルと太平洋戦争 (ハヤカワ文庫NF)


日英インテリジェンス戦史 チャーチルと太平洋戦争 (ハヤカワ文庫NF) の本の表紙


3.9 5つ星のうち(7人の読者)

日英インテリジェンス戦史 チャーチルと太平洋戦争 (ハヤカワ文庫NF) によって 小谷 賢 Pdf無料ダウンロード - 太平洋戦争はなぜ起きたのか? インテリジェンス研究の権威のデビュー作『イギリスの情報外交』が1万字超の加筆を施し改題復刊

日英インテリジェンス戦史 チャーチルと太平洋戦争 (ハヤカワ文庫NF)の詳細

本のタイトル日英インテリジェンス戦史 チャーチルと太平洋戦争 (ハヤカワ文庫NF)
作者小谷 賢
カテゴリ
ファイル名日英インテリジェンス戦史-チャーチルと太平洋戦争-ハヤカワ文庫nf.pdf
ファイルサイズ29.29 (現在のサーバー速度は21.17 Mbpsです

以下は 日英インテリジェンス戦史 チャーチルと太平洋戦争 (ハヤカワ文庫NF) の最も正直なレビューです。 この本を読んだり購入したりする場合は、これを検討してください。
川島真・東大教授が2019年9月5日のnippon.comで、「日本は大枠としては米国と歩調を合わせつつも、以前よりも独自の外交路線を追求し始めているのではないか、少なくとも結果的にそうなっているのではないか、と筆者は考える。」と仰っておられる。一例として、「韓国に対して信頼関係の欠如を理由に「ホワイト国」待遇から除外」を挙げている。一方で、マスコミ報道では、韓国政府への「戦略的放置」なる方針を日本政府が採用した、と言われる。事実とすれば画期的なことだ。これまでの日本外交は、”どげんかせんといかん”という意識がつよく、押すか引くかのどちらか(戦前は押す、戦後は引く)の対応であった。それが今回“放っておく”である。何か画期的なことが、日本外交におこり始めている。 本書を読むと、“放っておく”は有りだなと実感する。《7月7日の閣議でイーデン[英外相]は、「我々は戦争の危険を冒してまで対日抑止策をとることはできない」と発言するに至っている。一見このイーデンの対日政策は消極的に映るが、1930年代後半からの対日政策を振り返った場合、これは英極東戦略の一大転換点であった。なぜなら1941年2月まで、極東で日英間の懸案が生じそうな場合には常にクレイギー[駐日イギリス大使]が外務省を訪れ、日本側と交渉を重ねるというような構図が定着していたが、今回は日本の南進の意図が明らかであるにもかかわらず、イギリスはこれを完全に黙認してしまったからである。このようなイギリスの態度は巧妙であった。ベネット[外務省極東部長]の言葉にもあるように、英外務省はイギリス単独の対日抑止の有効性に疑問を持っており、アメリカが事前の対日抑止を行わない状況では、先に日本に行動を取らせておいて、後でアメリカが何らかの対日政策を打ち出さざるを得なくなるような状況を期待していたわけである。》 つまりは、「単独で日本と対立するよりは、日本に行動を取らせておいてそれに対するアメリカの対応を待つ」戦略だ。なんとも、現在の日韓、日中、日朝そして日露関係につががる事例ではないか。 そして著者はこう結論される。「インテリジェンスと外交政策が最も効果的に連携したのが、1941年7月の南部仏印問題[南進]であった。」当時のイギリスはナチ・ドイツに連日連夜爆撃され自国を守るに精一杯で、極東のことなぞは守ろうにもどうしようも手を出しようがない状況にあった。つまり“戦えない”勢力であった。考えだしたのが“インテリジェンスと外交政策との連携”による対抗である。そして見事にはまった。 おもえば戦後の日本も、“戦えない”勢力である。ならば、同じ状況にあったイギリスから学ぶことは多い。軍事力でもない、経済力でもない、政治パワーの発揮である。ついてはまずは形から入ろう。2014(平成26年)1月に日本版NCS[国家安全保障会議]を発足である。なお。この創設にあたっての有識者会議のメンバーには、著者が「本書の執筆過程で最もお世話になった」中西輝政・京大名誉教授が入っておられる。現在の対韓政策が、後代の歴史家から「インテリジェンスと外交政策が最も効果的に連携した」と言われるかどうかは、今は分からない。ただ、日本版NCSの創設が、「以前よりも独自の外交路線を追求し始めている」ことに、そして「戦略的放置なる画期的な方針」につながっていることはたしかだろう。政治パワーである。