歴史人 2018年7月号 本 PDFをダウンロード

歴史人 2018年7月号


歴史人 2018年7月号 の本の表紙


4.2 5つ星のうち(4人の読者)

歴史人 2018年7月号 本 PDFをダウンロード - 内容紹介 天正12年6月2日未明、桂川を渡った 明智光秀の軍勢は本能寺を取り囲み、信長は己が運命を悟る…。 戦国史上最大の下剋上の闇に、 あらゆる角度から光を当てた総力特集! 【信長と光秀 「本能寺の変の謎」】 (特集内容) 伊東潤「特別寄稿」信長が見た夢 光秀が見ていた現実 信長と光秀 出会いから破滅まで 織田軍団と光秀の動向「謀反の埋み火」 「本能寺の変」人物相関図 光秀18日間の行動を追う! 光秀を唆した黒幕は誰だ! 四国政策の変更と石谷文書の謎 光秀を支えた腹心たちの実像 光秀の末裔が解き明かす「本能寺の変」 「三日天下に終わった」光秀の誤算と最期 検証! 信長と光秀の性格分析 史料に秘められた「本能寺の変」の真実 生か死か!? 信長の子どもたちの行方 「本能寺の変」と信長・光秀の遺宝 「本能寺の変」の謎10 徳川家康と"伊賀越え"の真実

歴史人 2018年7月号の詳細

本のタイトル歴史人 2018年7月号
発売日2018/6/6
カテゴリ
ファイル名歴史人-2018年7月号.pdf
ファイルサイズ29.6 (現在のサーバー速度は19.12 Mbpsです

以下は、歴史人 2018年7月号に関する最も有用なレビューの一部です。 この本を購入する/読むことを決定する前にこれを検討することができます。
期待外れでイマイチでした。遺品の写真とか見たことなかった面白いのもあったけど、全体的に自分の仮説は全部事実、異なるのは全部怪しいみたいな論調が多くて、ツッコミどころ満載。特に光秀子孫のはヒドイ。こんな結論ありきの似非理論を信じちゃう人多過ぎ(筆者著書のレビューを見ながら)。