高島易断本暦 平成二十八年 PDFフリー

高島易断本暦 平成二十八年


高島易断本暦 平成二十八年 の本の表紙


3.9 5つ星のうち(5人の読者)

高島易断本暦 平成二十八年 PDFフリー - ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。年・月・日の行動指針に加え、行事、冠婚葬祭、暦の知識等を詳述。人事百般問題解決のための力強い味方になります。

高島易断本暦 平成二十八年の詳細

本のタイトル高島易断本暦 平成二十八年
作者高島易学研究所
カテゴリKindleストア
ファイル名高島易断本暦-平成二十八年.pdf
ファイルサイズ19.4 (現在のサーバー速度は20.08 Mbpsです

以下は 高島易断本暦 平成二十八年 の最も正直なレビューです。 この本を読んだり購入したりする場合は、これを検討してください。
暦は不思議なものです。平成28年、即ち、西暦2016年は、或る意味で驚くほど縁起のいい年と言えるでしょう。というのは、平成年の28は、自身の約数〔1,2,4,7,14,〕の総和 1+2+4+7+14 に等しい二桁唯一の完全数だからです!更に、平成年28は =1+・・・+7 ですが、西暦年2016も =1+・・・+63 で、西暦年と平成年が共に三角数(※なぜ、そう言うかは、ボウリングのピン10本=1+2+3+4本が三角形に並ぶのを見れば解る)になるからです!このように大変おめでたい数ですから、入学試験のネタにもなり得るでしょう。驚くのはそれだけではありません。西暦年を平成年で割ると、どのような答えが得られるか、考えてみましょう。例えば 西暦年2015を平成年27で割る 2015÷27 と、小数点以下の端数が出ますが、西暦年2016を平成年28で割る 2016÷28 と、整数の範囲で見事に割り切れます。試みに平成以後現在まで「割り切れる」年があったか(序でに、その年の関心事も)調べると、1989(平成1)年:昭和天皇崩御,ベルリンの壁崩壊,オバタリアン 1990(平成2)年:バブル経済,ティラミス,オヤジギャル,ちびまる子 1992(平成4)年:きんさんぎんさん,クレヨンしんちゃん,ほめ殺し, 1995(平成7)年:阪神大震災,オウム地下鉄サリン事件,インターネット 2002(平成14)年:タマちゃん,日韓W杯,北朝鮮拉致日本人が帰国 だけでした。不思議なことに、それらの平成年には、28の約数が全て揃っており、合計すると、平成年の28になります!(種を明かすと、西暦年と平成年の差=1988 の約数のひとつが28で、1988 と28の公約数が1,2,4,7,14だからです。)  以上のことより、平成元年が一年ずれていたら、こんなに奇跡が重なることは無いでしょう。次に「割り切れる」年は、平成71(西暦2059 )年ですが、それ以前の「割り切れる」平成年を合計 1+2+4+7+14+28 しても =56で、71になりませんし、平成28年1月現在、御年82歳(※ 双方の十の位と一の位が奇跡的に対称的!!)の天皇陛下の寿命から想定して、平成71年は無さそうです。